面接の時の格好はさわやかで、清潔感のある、派手すぎない服装をするのが良いでしょう。

農産物の収穫の仕事
農産物の収穫の仕事

面接時の格好

仕事の面接と聞くと、何を着よう、くつはどんなものを履いていったらいいのだろうかといろいろと悩むものです。
しかし一般の正社員の面接とアルバイトの面接は少し違ってくるかもしれません。
もちろんスーツにパンプスという格好で間違いはありません。
しかしアルバイトの面接に行くときには、私服でもよいでしょう。
あまりにもかっちりした格好だと場違いになることもあるからです。
ではどんな点に注意していくと良いのでしょうか。
まずはどんなところにせよ、第一印象が大切になってきますから、さわやかで、清潔感のある、派手すぎない服装をするのが良いでしょう。
極端に短いスカートや、あまりにも露出したものや透ける服装は、マイナスイメージになります。
ジーンズやカジュアルすぎるパンツもよくありません。
かかとが高すぎるくつも避けましょう。
飲食関係やスーパーなどお客さんにかかわるようなアルバイトであるなら、茶髪やピアスはよくありません。
女性ならネイルを取っていくか、透明な目立たないものの方がよいでしょう。
高校生なら制服でいくなら、きちんとしたイメージをもたれるでしょう。
農業関係の仕事の面接の場合は、試しに少しやってみるように言われたり、畑に案内されたりすることもありますから、反対にきっちりとした格好ではなく、作業もできやすい格好のほうがよいでしょう。
いずれにせよ、自分が雇う側ならどんな人を選ぶだろうかと考えてみるなら、おのずとどんな格好をすべきかが分かってくることでしょう。

おすすめ記事

Copyright (C)2017農産物の収穫の仕事.All rights reserved.