その人を雇うかどうかは履歴書を見て決まることがあるので、書くときはきちんと丁寧に書きます。

農産物の収穫の仕事
農産物の収穫の仕事

履歴書の書き方

仕事の求人に応募する際、履歴書は非常に大切と言えます。
それはアルバイトの求人であっても同じことが言えます。
履歴書を見て、その人を雇うかどうかを決めることがあるからです。
では履歴書を書く際、どんな点に注意するとよいでしょうか。
まずは黒いペンで、丁寧に書くというのが大前提です。
そして写真は履歴書用の証明写真を貼ります。
もし書き損じてしまったなら、修正をしないで新しいものに最初から書き直すようにしましょう。
学歴は小学校、中学校は卒業から書き、高校からは入学、卒業を書きます。
高校名も高等学校と正確な名前で記入しましょう。
職歴は嘘偽りを決して書いてはなりません。
今までしてきたアルバイトをすべて書きましょう。
免許や資格は仕事の内容と関係のないように思えるものでもすべて書くようにしましょう。
その人がどんな人であるかを知ることができるからです。
また自己アピール欄には積極的に書くようにしましょう。
細かい作業ができる事、こつこつできる事、すぐにあきらめない事、忍耐強い事など、仕事をこの人に任せたいと思ってもらえるような点を書きましょう。
その際に、私は細かい作業が好きです、とだけ書くのではなく、さらに付け加えて、なぜなら私はもやしのひげ取りを長い時間でもすることができるからです、と例を挙げて書くと説得力を増します。
こんなことを書いても何の意味がないと思うことでも積極的に書きましょう。
そして最後に印鑑は押してあるか、書き間違い、書き忘れはないか、きちんとチェックしましょう。

Copyright (C)2017農産物の収穫の仕事.All rights reserved.